Search
Category
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
卒業生からのメッセージ

School of fun at E-room 
Hello everyone I'm Yanagi. 
Actually,this is the third time I've come here.In my case,when I came to E-room.for the first time. I didn't understand English. Because I have never studied English in my whole life.I thought of giving up many times but my teachers' explanations were very clear and taught me a lot of important English words,and i got friends from different countries, like Korean,Vietnamese,Taiwanese and Chinese.i learned English a lot and have fun speaking English at E-room.I am happy that I chose E-room because E-room is a school where you can learn and have fun at the some time even you can't speak English fluently .Thank you E-room ,see you next time

 

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ
E-Room 留学中、日本人の28歳です。
4週滞在予定の3週が終わった、残すところ1週の段階です。

使用中の部屋は広く快適です。
そしてベット横に照明のON OFFスイッチがあるのが嬉しい。


これがあるかないかで、
一人部屋と複数人部屋の選択の決定打が地味にあるように思います。笑

さて、学校の雰囲気ですが、17年9月1日現在のところ
生徒数 韓国人5:日本人4:ベトナム人1 :中国人0:台湾人:0
といった印象です。
年齢層は全体的に若く、
大学生の方が夏休み期間を使って1か月間滞在、といったパターンが多いようです。
先生によると休み期間毎にカムバックする大学生が沢山いるとか。
それとワーホリ前のフィリピン留学という定番ルート。
素敵ですねー。

もちろん私くらいの年代、
もしくはそれ以上の社会人枠からご年配の方も全体に比べれば小さいですが
少なからず在籍しています。
でもそれは韓国人男性が一番多いかも。

短期間、同じバコロド内の別の学校に在籍した経験があるのですが
そこに比べると E-Room は比較的真面目な印象があります。
母体の小さな学校を選択すると、本当にありがたいことではありますが、
毎日飲みに誘われるみたいなことが ない とは言い切れないです。笑
それに比べれば E-Room は身の振り方の自由があるように思います。
授業後みんなで遊びにいくも週末に遠出するのも 部屋に篭るも 自習室で勉強するも あなたの自由 …!

私はもう観光名所はまわったし、外の日差しはつよいし、笑
毎夜ルームメイトが撮ってきた写真を見せてもらうくらいが
ちょうどいいかな というテンションでしたので
安心して(?)おいしいごはんとコーヒーとケーキを嗜むくらいで
あとは頑張って洋書を読も〜くらいの週末を過ごしていました。
そのため写真が退屈だったら申し訳ないですが
どれもこれもおいしくて 安いです。最高。

まずはビール、安いぞピルセン!!! 45ペソくらい。


E-Room 生 には毎度同じみと思われる 近くのウィークエンドマーケットの
フレッシュジュース。75ペソ〜
これ大好きだったな〜。 くだものジュース系は間違いないフィリピン… 🇵🇭


どこにでも売っているレモネード。
シュガーレスを注文しないと甘い。60ペソ〜くらい



甘いといえばコーヒーも基本ノンシュガーを頼まないと
こってりのがきます。これがそれを知らない時のオーダーミス例。
コーヒー75〜 ケーキ80〜120ペソくらいのお店。


こちらのケーキは、いかにも外国っぽいひたすらに甘いケーキか
日本のケーキに近い甘さ控えめのケーキの2種類があるようです。
あっまいケーキ

日本のものに近い味のケーキ 

 
カフェの飲みものが高いのか、同じくらいの値段でお食事ができます。
たぶんフィリピン料理といえばこんな感じというチキンプレート、100ペソくらい。


滞在中に一番食べたかもしれない、ザークハンバーガー…。
90ペソくらいから。ハンバーガーを傾けると脂がぽたぽた滴ります。オイリー。
先生がこれを sinful food と呼んでいて笑いました。


E-room は街の中心から少しだけ離れているので
授業後にフラッと飲んで帰るくらいのお店は限られていますが
一番大きなSMモールまではジプニーで簡単に行けるので
生活に不便はまったくありません。
ジプニーも大好きだったな。マッドマックス感。ヒャッハー!!

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ
大学2年の夏休み、この2ヶ月という期間をE-room バコロド留学にかけて本当に良かったと思っています。私が心から、ここで勉強できて良かったと思える理由を私の体験談を踏まえ、授業、生活、友達の3つの観点から説明していきます。
まず、授業のほとんどがマンツーマンのため、質が高いという点です。E-roomでは、TOEICコースや、スパルタコースなど様々なコースを提供していますが、私は一番ノーマルなコースを取っていました。それでも、マンツーマン5時間、グループ1時間という濃密なスケジュールで、1日1日しっかりと勉強できている実感を抱くことができました。また、先生が合わなければ、変えることもできます。E-roomには多くの先生がいて、発音も先生によって、アメリカ傾向の強い人もいれば、ブリティッシュの発音をする人もいたり、授業で毎回小テストをする先生もいれば、宿題を全く出さない先生もいたりと、様々です。よって、その中で自分に合った先生を見つけることができます。
次に、生活についてです。E-roomでは、休日も含めて毎日三食でます。韓国の料理がでるため、日本人にとっては馴染みやすいものとなっていて、食事に困ることはありませんでした。また、その食事に飽きたり、指定の時間に食べることができなかったりしても、24時間営業の売店で買って食べることができます。私は、よく朝食を逃してしまうので、売店にて、日本円で約35円の「Pacitokanton」という焼きそばのようなものをよく食べていました。安くて美味しいので、みんなから愛されています。
最後に、友達の観点からE-roomの良さを説明します。E-roomでは、ホテルと学校が一緒になっており、生徒達は同じ空間で生活しています。他の国から英語を学びに来ている学生と生活を共にすることで、英語を実際に使う場面が増えるだけではなく、英語圏意外の言語や文化にも興味を持つようになりました。また、外国人とはいえ、「E-roomで伴に英語を学ぶ生徒」という共通点があるため、すぐに打ち解けることができました。E-roomでは、勉強するだけではなく、時に生徒と先生が合同で参加するアクティビティがあります。スポーツ系の大会や劇、ダンスなど様々です。私の最後の週に、劇、ロールプレイングがありました。その劇に向けて、グループを決め、題材を決め、小道具を作り、スクリプトを暗記し、本番だけでなくそのプロセス自体がとても良い思い出となりました。また、そのスクリプトの中で新しい英語のフレーズを知ったり、発音を練習したりして、英語力の向上に繋がりました。以上より、私はここで勉強できてほんとに良かったと感じています。2ヶ月間、充実した日々を送ることができました。英語力は実際に上がり、さらに今後のモチベーションも上がりました。E-room最高!ありがとうございました!

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ

私はリピーターでEroomへ来るのは2回目です。友達の紹介でEroomのことを知りました。初めて来た時は不安ばっかりでしたが、すぐに友達もでき先生達もすごく優しく親切に教えてくれて充実した生活を送れました。その時にもっともっと勉強して話せるようになりたいと思いEroomのアットホーム感と先生達が大好きでまた戻って来ました。バコロドはすごく住みやすい街でフィリピンの人達も優しくて私はこの街が大好きです。平日はしっかり勉強して、休日は色んな国の友達や先生達と出かけて充実した生活を送れました。色々な経験が出来てここにこれて良かったなと思います。

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ

 

私がE-roomを知ったきっかけは、知人の紹介でした。挨拶レベルの英会話力しかなかった為、基礎からちゃんと英会話を学習したいと思いアットホームで楽しく学べる学校を探していたところ知人もE-roomでの留学経験があり、色々なアドバイスを聞くことができたので、こちらで3ヶ月間留学することに決めました。

実際の学校生活では、ルームメイトと一緒に過ごしたり、授業ではもちろん毎日英語で会話をする為、初めは理解することや自分の伝えたい事が上手く英語で話せませんでしたが、授業をこなしていくうちに知らなかった単語の意味や使い方や文法なども少しずつ理解出来るようになりました。
オフィスや食堂でも仲良くなった友達と毎日会えるので英語や母国語をお互いに共有し学び合ったりして、とても充実していました。

また、学校が月一回開催しているアクティビティでは先生と一緒に出掛けたりスポーツフェスティバルが開催され、非常に盛り上がり青春時代を再び味えて、心も体もリフレッシュできました。

私はこのE-roomで英語学習は勿論、友達がたくさん出来たことがとても嬉しかったです。
また、先生やスタッフの方がとても親切にフォローをしてくださったので、安心して留学生活を送ることができました。
そして、またE-roomやバコロドに遊びに来たいと思います!

 

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ

2ヶ月のバコロド生活を終えて

見るもの全てが新鮮で、面白いことだらけのフィリピン!日本とは全く違う生活を目の当たりにして、毎日わくわくの連続でした。

 

特に私が好きなのは、トライシクルです。移動手段としてよく使ったのですが、値段交渉もでき、風景もよく見え、大人数でも乗ることができるし、窓がなく風をいっぱい浴びることができ、エアコン付きのタクシーより断然気持ちがいいです。そして運転にちょっとハラハラ…毎回ジェットコースターに乗っているような気分でした。日本では乗れないと思うととてもさみしいです。

 

学校ではマンツーマンの良さを実感しました。先生たちはとてもフレンドリーでなんでも安心してきくことができ、大人数での授業とは違って自分のペース、レベルに合わせて授業をしてくれるので、英語を楽しみながら勉強することができました。

 

週末は友達と旅行に出かけました。バコロドから2時間程のcarbin reefは私が見た中で一番きれいなビーチです。引き潮時には沈んでしまうというなんだかロマンティックな島で、日中も海がエメラルドグリーンで自分の足がはっきり見えるくらいの透明度で感動しました。他にもシパライビーチ、イロイロ島のgarin farm、Lakawonビーチ 、温泉があるマンブカルなど、泊まりでもとても安く行くことができ大満足です!友達と英語で旅行プランを立てたり、話し合ったりすることがすごく勉強になったと思います。他国の文化に驚いたり共感したり、夢や未来、恋愛について話したり親しい友達が出来たことで、英語へのモチベーションも上がりました。

 

帰りたくないと思うくらい、フィリピンのバコロドでの生活は充実していました。city of smile 微笑みの町というフレーズを聞いて、バコロドに来ることに決めましたが、その名の通り、温かい人々ばかりでした。ここで出会った全ての人に感謝しています。city of smile Bacolod に来てよかったです!

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ

 私は、フィリピン留学自体に始めは迷っていました。それは、生活のし辛さや英語が上達するのかという心配があったからです。
しかし、以前e-roomに通っていた友達から薦めてもらったこと、マンツーマンの時間が多いこと、授業料に魅力を感じ入学しました。
   実際マンツーマンで自分に合ったレベルで丁寧に教えてもらうことができました。先生が例えや絵などを用いて熱心に教えて下さりました。おかげで明解に学ぶことができ、分かることや話せることが増えていくうちに自信にもなっていきました。グループクラスでのスピーチの発表では、文章を作ったり発表をしたりするとても良い勉強になりました。また、明るくフレンドリーな先生方ばかりで楽しみながら過ごすことができました。
   生活面では、ホテル一体型で移動する手間が少なく凄く楽でした。スタッフの方々が、何事もしっかり耳を傾けて可能な限り対応して下さったので安心感がありました。校外でも、親切な人が多い印象でした。ショッピングモールが近くにいくつかあり、移動手段も充実していたので生活がしやすかったです。また、休みを利用して海や観光地へ行く楽しみもありました。物価が安いのも魅力的でした。
 気持ちに応えて下さった先生方、励まし合える仲間に出会うことができました。ワーホリに向けての自信になりました。e-roomへ入学して良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ

 私は、フィリピン留学自体に始めは迷っていました。それは、生活のし辛さや英語が上達するのかという心配があったからです。
しかし、以前e-roomに通っていた友達から薦めてもらったこと、マンツーマンの時間が多いこと、授業料に魅力を感じ入学しました。
   実際マンツーマンで自分に合ったレベルで丁寧に教えてもらうことができました。先生が例えや絵などを用いて熱心に教えて下さりました。おかげで明解に学ぶことができ、分かることや話せることが増えていくうちに自信にもなっていきました。グループクラスでのスピーチの発表では、文章を作ったり発表をしたりするとても良い勉強になりました。また、明るくフレンドリーな先生方ばかりで楽しみながら過ごすことができました。
   生活面では、ホテル一体型で移動する手間が少なく凄く楽でした。スタッフの方々が、何事もしっかり耳を傾けて可能な限り対応して下さったので安心感がありました。校外でも、親切な人が多い印象でした。ショッピングモールが近くにいくつかあり、移動手段も充実していたので生活がしやすかったです。また、休みを利用して海や観光地へ行く楽しみもありました。物価が安いのも魅力的でした。
 気持ちに応えて下さった先生方、励まし合える仲間に出会うことができました。ワーホリに向けての自信になりました。e-roomへ入学して良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
卒業生からのメッセージ

 

私はE-ROOMで3ヶ月勉強しました。
本当にあっという間の3ヶ月でした。

来たばかりの頃は全く英語が話せないし、3ヶ月やっていけるかな...と心配しかしていませんでした。
だけど、3ヶ月経ってみて、もっとここで勉強したい、帰りたくないと思いました。

私は人見知りで最初の頃は挨拶と返事くらいしかできませんでした。だけど先生たちはみんなフレンドリーで素敵な人たちばかりなので、直ぐに打ち解けることができました。今では友達のような関係です。

毎日先生と一緒に勉強をし、先生の言ってることを少しずつ理解できるようになり、会話ができるようになると嬉しくてもっと頑張ろうと思うようになりました。毎日の勉強が楽しいと思えたのは先生のおかげです。

週末はみんなとご飯を食べに行ったり買い物に行ったりと毎週楽しかったです。1週間勉強を頑張った後にみんなでご飯を食べにいくというのが毎週の楽しみでした。

私はこれからワーキングホリデーに行きます。全く話せない私が少し自信がついたのはE-ROOMのおかげです。とても感謝しています。

またいつかE-ROOMに戻ってこれたらいいなあと思っています。

3ヶ月間本当にありがとうございました。

 

posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
在校生からのメッセージ

私が語学留学をフィリピンに決めたのは、大学の知り合いから勧められたためです。半年ほど前、一週間アメリカで、国際大会に参加する機会を得ました。しかし、会話という会話が成立せず、惨めな思いをしました。中高で英語の文法を習っていたし、リスニングには少しの自信もありました。しかし、ネイティブの英語は早く、どことなく訛って聞こえ、混乱しました。英語で話せるのは、最低ラインで、討論することが目的の大会では、私の英語は全く通用しませんでした。どうしたら良いか迷っていた時に、知り合いからフィリピン留学の話を聞きました。 飛行機では、使用機の到着遅れにより、遅延し乗り継ぎがぎりぎりという、緊張する時間を過ごしました。マニラでの荷物ピックアップをせず、税関は素通り。しかも、よく考えたら一人での乗り継ぎは初めてでした。バコロドの空港に着いて、荷物が無事発見されて一安心です。 バコロド到着の次の日はオリエンテーションです。筆記テスト、スピーキングテストを受け、授業が組まれます。その後、買い物です。初めてのフィリピンモールはかなり驚きました。スーパーマーケットに家電が衣料品が置いてある…。ちなみに、大きなモールにはユニクロもForever21もスタバもあります。ファストフード店のメニューを比べるのはいつも楽しいです。



授業は、マンツーマンとグループクラスがあります。マンツーマンはとにかく、先生との距離が近く、ひたすら英語にもまれます。お話し好きな先生が多いので、頑張って話を遮ります。とにかく話します(授業の内容にもよりますが)。文法が間違っている、もっと適切な単語や文法がある、発音が間違っている場合には直してくれます。グループクラスは生徒2、3人と先生との授業です。私は韓国人2人とのクラスでした。私は、文法は理解していると考えていたので、とにかく会話を成立出来るようにしました。しかし、この考えは甘かったです。文法を理解しているのは、日本語のみであり、口にする際には、滅茶苦茶な文法になっていたのです。これでは通じませんし、その上での討論は不可能です。文として話せるように、意識しなおすとともに、文法の再復習です。また、英語で全ての講義が行われます。動詞、過去分詞形、過去完了などの単語が全て英語です。皆さんは分かりますか。私は最初の一時間、その理解で一杯一杯でした。甘い、外国に行ったら自然と英語を話せるようになるでしょう、という考えはすぐに捨てて下さい。異国の地でも、話をせずに生きていくことは可能です。もし、本当に話せるようになりたいと考えているのならば、ちゃんと勉強して、積極的に会話をして、練習を積むことが必須です。 平日は授業を受け、余裕があれば夜どこかへ出かけます。寮食(学食)は美味しい時もあるし、美味しくない時もあります。基本的に辛い物がダメな人間ですが、時折外食を織り交ぜることで、なんとか生きていけます。私はインディカ米結構好きです。パン食文化の社会より、日本人には合っていると思います。ちなみに、毎食キムチがありますが(私はキムチの匂いがダメな人間ですが)、気になりません。

ごはんのことを書くほど、勉強以外に特にやることはありません。机での勉強、先生との授業、他国の生徒との会話(ベトナム人と韓国人)、現地の人との会話…。日本で英語を勉強するよりも、圧倒的に資源があふれています。どう利用できるかは、その人次第だと、つくづく実感します。 英語しか通じない世界では、英語しか話せないし、自然と英語でモノを考えるようになります。これは一番の収穫だと思います。他国の生徒とは英語でしか話をすることはできないし、自分の英語能力以上のことは伝えられません。ものすごく、もどかしい思いをします。でも、だからこそ、伝えたい、という思いが強くなります。 色々書きましたが、迷っているなら、踏み出してみるべきです。迷っている気持ちがあって、時間が取れて、資金に都合がつく、この機会を活かさないのはもったいないです。そして、実行できることは、とても幸せなことだと思います。この世界には、あなたと同じ状況の人は、決していません。全く同じ世界を見ることができる人はいないのです。 最後に、私がe-roomで出会ったすべての人が、これまでも、これからも素敵な旅を続けられますように。




Natsumiさんは大学の春休みを利用して来ています。あと1週間、バコロドでの生活を満喫してくださいね〜^_^

彼女のように、1ヶ月間と短い期間でも、毎日英語漬けの生活なので、日本で勉強するよりずっと効率よく英語が学べます!

中には会社の休みを利用して1週間、2週間だけ、という方もいます。
週に1時間の英会話に1年間通うより、1日6〜8時間の1週間のフィリピン留学の方がずっと安いし上達が早いです!少しでも時間がとれる方はゼヒ短期留学も考えてみてくださいね〜^_^
posted by: フィリピン留学ドットコム | 卒業生からのメッセージ | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |