Search
Category
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
フィリピンレストランの紹介

今日はAboy's というフィリピンレストランの紹介をします。このレストランはE-ROOMのあるホテルから徒歩で約5分ほどの距離にあり、アジアの中のレストランでトップ500に入ったこともあるそうです。

店内はとても広く綺麗で、料理も美味しいのでおすすめです。

posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ペイントフェスティバル
先週の日曜日、先生に誘われCadiz cityのDINAGSA FESTIVALに行ってきました!

バコロドから車で行くこと2時間(渋滞がなければ1時間ちょっと)、Cadizに近づくにつれ、バスやジプニー、トライシクルの乗客の白Tシャツ着用率が高くなってきました。
なぜかと言うと…

ペイントフェスティバルなんです!
到着後、道を歩いていると、見知らぬ人達に次々とペイントされます。フィリピン人はおもてなし精神が旺盛なので、特に外国人は塗ったくられるそうです笑

至る所にペイントが売っていて(5〜10ペソ)、誰が誰をペイントしてもOK!




子供達もお互いヤル気ですね〜

ペットボトルにも水で溶いた塗料が入っていて、中にはキャップに穴を開け広範囲に撒き散らす迷惑な方達もおります。
Cadizに足を踏み入れた以上、キレイな姿では帰れませんペイントされても怒らず、積極的に参加すべし!ということで、私もすれ違う人達にペイントしたりされたり…




油断すると目や耳、口の中までペイントされます…


先生達もスゴイことになってますね〜


後ろの車もヒドイことになってます笑
洗車が大変そうですよね〜

帰宅後、3回シャンプーしましたがそれでも完全には落ちず…まだ時々髪の毛にペイントが残っていると先生に言われます(毎日ちゃんと洗っていますよ!) Tシャツはこんな感じになってしまいました。もう着るのは無理ですが、とりあえず思い出の品として取ってあります。





フィリピンは、毎週末どこかの町でフェスティバルが行われていると言うくらい、たくさんお祭りがあるそうです。
バコロドのマスカラフェスティバル(毎年10月の第3週目に開催)は特に有名ですが、他にも様々なフェスティバルがあるので、バコロド滞在中に機会があればぜひ楽しんでいただきたいと思います^_^
posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フィリピンの海3
フィリピンの海第三弾です。
今回は安い、美味い、遠い、の三拍子が揃ったGigantes(ギガンテス)について書いていきます。





ギガンテスへの行き方や大まかな費用については下記をご参考下さい。





-1st day-
4:00 集合

5:00 To Dumangas.(ferry)→7:00 Dumangas

7:00 To Jeepney Terminal(tricycle)
→7:30 Jeepney Terminal

7:30 To Tagbak(Jeepney)→8:00Tagbak Terminal

8:00 To Estancia (Bus)→11:30 Estancia

11:30 To Estancia Port(Tricycle)→12:00 Estancia Port

13:00 To Gigantes(boat)→15:00 Gigantes

15:30 Check in


-2nd day-
It's free day


-3rd day-
7:45 Check out

8:00 To Estancia Port(boat)→10:00 Estancia Port

10:00 To Estancia Bus Station(Tricycle)→10:30Estancia Bus Station

10:30 To Tagbak Bus Station(Bus)→14:00 Tagbak Bus Station

19:00 To Dumangas(Taxi)→20:00 Dumangas

20:30 To Bacolod(ferry)→22:30 Bacolod






《費用》
乗り物代
Ferry:60phpx4peole=240php
Ferry:120phpx4people=500php
Bus:130phpx4peoplex2=1040php
Boat:160phpx4peoplex2=1280php
Taxi:100phpx4times=400php
Tricycle:100phpx4times=400php

Hotel:Arjan Beach Resort
Staff: Jedden(ジェイデン) ※良い奴
連絡先:0944-851-4513
3days and 2night=3000php
食事代:500phpx6回=3000php
サービス料:150phpx6times=900php
アイランドポッピング:1500php
洞窟ツアー:1100php

Total:13360php/1人あたり3340php






費用はたったこれだけで行けちゃいます。








バコロドから最初に乗るのはタイタニック号です。

















運が良ければ船の中にはこんなに可愛い子も居てます。














島に到着すると移動はバイクのみです。













アイランドはホッピングする為にあります。





















ホッピングを最高に盛り上げてくれるのは皆さんご存知、良い奴ジェイデン。














遊び疲れたら明日に備えて一休み。













安い、美味い、遠いの三拍子が揃ったギガンテスに是非行ってみて下さい。
必ず素敵な思い出が作れます。







そして、忘れないで下さい。







彼の名はジェイデン。







posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フィリピンの海2
フィリピンの海第二弾となりました。
今回はカービンリーフに引き続きLakawon(ラカウォン)を紹介します。






ラカウォンに行く道中にはこんな絶景もみれるおまけ付きです。
少年がしっかりベスポジに居てるのがお分かり頂けるだろうか。












島の雰囲気はこんな感じになっていてBBQしたり、泳いだり、ゆっくり落ち着いて過ごせる素敵な島です。
ちなみに、カービンリーフとは違ってご飯や飲み物も注文する事が出来るので、海パンと1000ペソ握りしめて行けば事足ります。














もしBBQをするならコンロだけ借りればこんな風にみんなで同じ方向を向きながら肉を焼くことも出来ます。














行き方は、学校からノースバスターミナルに行ってCadizのバスターミナルまで移動します。(約1時間)
その後トライシクルに乗ってラカウォン行きのシーポートに移動します。(約15分)
そこからはボートに乗るだけです。(20分)






訪れる際は海パンとお金以外の物も持って行くことをお勧めします。
posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フィリピンの海1
バコロドから行けるそこそこ近い海から片道8時間程掛かる海まで少しずつご紹介します。
今回は私のお気に入りCarbin Reef(カービンリーフ)!!





まずはバスでバコロドからサガイシティまで移動します。(1時間半から2時間)











サガイシティに着くとトライシクルで港まで移動します。(10分ほど)












すると、現れるのはそこそこ汚い海。











せっかく来たので仕方なく船に乗り込みさらに40分ほど波に揺られると
突如現れるビーチだけの島、Carbin Reef!!













ネグロス島の港とCarbin Reefの島の海の違いに普段大人しい子もこうなります。












そして、こうなります。













ちなみにCarbin Reefではバーベキューが出来ます。
準備して行かないと食べ物も飲み物ございません。
あるのは砂浜と綺麗な海、沢山のサカナたちだけです。












泳いだり、のんびりしたり、スイカ割りしたり楽しみ方は様々あるので日帰り旅行をするなら是非行ってみて下さい。
費用はテントやボートのサイズ、食材の料金によって異なりますが1人1000ペソもあれば十分です。






帰る頃にはこうなります。











でわでわ。
posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
I'll Be Back (Bacolodで映画)

勉強したところ、すでに週末が来ました.    すごく 早い !!

ルームメイトと
映画を見に行くことに決定,smモールに向かいました.

もちろん
英語で出てきて字幕がないのでよく聞き取れませんが、挑戦!気分で






やはりsmモールすごく大きい







おおおおおお~~.  ターミネーターが封切れた.

ジュ
レーシックワールドを見きたがに変更.








簡単に時間と映画のタイトル言ってチケットを受け取った
171ペソ.. 安い








映画とポップコーンは別れることができない間 !! lol



よく聞き取れなくても良い

せっかくフィリピンに来たのだから挑戦
を試みて


 
posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 18:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
フィリピンの病院に

生徒が週末にシーフードを食べてしました.

下痢をして食中毒の症状と似ていました.

そして,病院に行くことに決定!



 


救急室もあるが、通常、事前に予約をして診療受けていきます

そうでなければ何時間も待っている場合があります.

病気
の体に何時間も待つのは本当に大変なことですね

だから
病院に行きたい時、オフィス言ってくれれば,予約をして時間に合わせてマネージャーと同行することができます.



今日
行く病院はDoctors' hospitalです予約状況応じて、他の病院も行っています
学校
1015程度距離.







救急室見えますね


フィリピンはどこに行っても入り口にはガードが守っています


予約した医師部屋どこなのかを確認します


待っている患者がいますね




見えるように受付をして待つ、医師の部屋に案内してくれます。


診察
したときに、英語で症状言わなければならない,簡単な症状事前に調べていくといいですね
もちろん、マネージャーが医師部屋まで同行して説明を助けてくれるが.
病気の状況でも、英語の勉強!!
これ実践英語です!!!

 

posted by: フィリピン留学ドットコム | フィリピンでの生活 | 11:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【フィリピン移動手段】 ジプニー
今回はフィリピン生活にかかすことのできない存在、庶民の主要な交通機関であるジプニーの紹介です。

新入生の空港の際、寮に向かう車内での会話。「私、ジプシーに乗りたいんです!ジプシー!ジプシー!」「また、ジプシー通りましたよ!」とキャッキャするたびに訂正するタイミングを失います。そんなときはぼくからのささやかな優しさとして、あえてスルーすることもあります。それか、到着間際、徐行しはじめた車内で、「ジプニーですね」とカミングアウトすることも。そんなときの生徒さんの驚愕した顔が忘れられません。



■ジプニー基本情報

ジプニーはルートが決まっている

ジプニー運賃は 学生6ペソ 一般8ペソ

お金を支払うときは バイヤード!
降りるときは ルガラン!



この魔法の言葉たちを忘れてしまっても英語で十分なんとかなりますし、降りたいときは天井をコインで叩くか手でコンコンすると降りられます。何より現地の方々のヘルプもしっかりありますので。完全に降りるタイミングを失った生徒さんはルートを2周したとか。いい週末を過ごしたねとしか言いようがありません。


降りたいときは、全力で降りたそうな顔するのもいいでしょう。その顔が下痢でうんこしたそうなそれとまるで同じかもしれませんが、降りれるにこしたことありません。


ジプニーのメリットとして以下があげられます

安い
異国にいる感じで出てくる
ちょっとしたハートフルなやりとりが現地の方々とできるかも
ジプニーに乗ることでできるネタ作り
ジプニーにひとりで乗り目的地に到着したことで生まれるちょっとした自信


一方、デメリットは

タクシーと比べ到着まで時間がかかる。
ルートが決まっているため間違えて乗ると大変
排気ガスが気になる
スリに遭うこともある


上記のなかで強調しておきたい箇所、”スリに遭う”についてもう少し説明します。

ジプニーは基本、乗降車口から運転席へ乗客の運賃が手渡しで運ばれます。バケツリレーのイメージ。お金を前の方に渡すときに隙が生まれ、スリに狙われます。なんであれ注意がそらされるときにスリに遭います。その隙を作るのもまたスリなのですが。できれば、お金リレーする役割の少ない乗降車口付近に座ったほうがいいのです。奥のほうに座った場合、降りるもの大変ですし、腰を曲げながらの格好で乗車するときにも当然隙は生まれます。現地の方も当然同じことを考えているため乗降車付近は人気です。混みあったジプニーに乗車した場合、大抵運転手付近の席しか空いていない場合が多いです。多少の緊張感を持って乗りましょう。節約のつもりでジプニーに乗ったのに、結果各種カードの入ったお財布もとられてスマホもなくなるなんてこともない話ではありませんので。



■学校からのジプニーに乗り、SMモールへ目指す
残念ながら学校前からショッピングモール行きのジプニーはありません。5分くらい歩き交差点からジプニーに乗ります。



DSC_0002.jpg
まずホテル寮エントランスから。


DSC_0003.jpg
ホテルを背にして右へ進みましょう。ちなみにこのホテルの名前はLUXUR PLACE。地球の歩き方にも掲載されていました。まああれはホテルであって寮とは別なんですけど。


DSC_0004.jpg
学校付近の風景1。お昼ならフルーツ売りもいます。今はマンゴーのシーズン。



DSC_0006.jpg

学校付近の風景2。beer na beerがここから出荷されるとか。何かとここでの生活ではサンミゲル製品のビールばかり飲むことになりますが、colt45 ,manila beerなども忘れないであげてください。あんま美味しくないから忘れ去られてもいいといった意見も。



DSC_0008.jpg

学校付近の風景3。フィリピンではビリヤードが盛んですが、こういったキューを使ってコインのようなものを打ち、隅のポケットに入れる?といった遊びもあります。




DSC_0009.jpg


目的の交差点。ガソリンスタンドが目印。色とりどりのジプニーが走っています。都市毎にジプニーの特色が表れて面白いかも。マニラでは結構ゴツゴツした飾りをつけてものをよく目にしました。一方バコロドではシンプルなものが多いですね。ジプニー側面に決して上手と言えない絵が描かれたもののあり、それはそれで見応えがあります。


DSC_0011.jpg
交差点を右に曲がります。


DSC_0012.jpg
最近なにかとこのNO STOPPINGのところでジプニー止まります。そこ止めちゃだめだろ〜?と。逆にこの標識がいい目印になっている。


DSC_0010.jpg
セントラル・マーケット行きに乗ります。SMモールに行くかドライバーか乗客にしっかり確認しましょう。この交差点にたまにいる誘導のおじさんがSM行きのジプニーを教えてくれます。



DSC_0014.jpg
車内はこんな感じ。音楽がかかっていたり、夜は青いライトがおしゃれに光るなんてものもありますね。ぼくは選曲を重視してジプニーを選びます。


DSC_0013.jpg
SMモールに到着です。帰るときはPTA TAY TAY(プンタタイタイ)行きのに乗りましょう。






ホテルと学院の一体型施設。スピーキング特化ならココ!!バコロドE-ROOM 現地スタッフブログ

http://www.philippine-r.com/eroom01.htm


英語漬けの毎日へ フィリピン留学ドットコム

http://www.philippine-r.com/

EROOMオフィシャルfacebookページ

http://www.facebook.com/ERoomLanguageCenter






posted by: 日本人スタッフ | フィリピンでの生活 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【真夏のイベント情報2】 SUMMER SMASH!! LAKABASH!!RESET!!!! WILD WATER WEEKEND!!!!!!
今回は真夏のイベント情報2弾!!!4つも楽しそうなイベントが待っています!!!こういうの好きな方なら是非参加。そうじゃない人はブラウザそっ閉じでお願いします。


 
まずSUMMER SMASH 5月24日 SMモール 

 
10254020_654945637874861_6020037906262019007_n.jpg
インドのホーリーを意識したペイント祭りなんでしょう。というか画像凄まじいですね。捨ててもいいTシャツとパウダーペイントから目を守るサングラスと陽気なパーティースピリットはマストアイテム。パウダーペイントによる全然盛り上がらなかったペイントイベントの失敗をマスカラフェスティバル2,013から学んでいるといいのですが。でも今回はぼくらの遊び場DUGOUTさんが絡んでるので大丈夫なはず。前回の大爆死&黒歴史化したマスカラフェスティバル2,013、、、今年はよりいいものになってもらいたいです。

個人的に一番気になってるイベントです。EROOMからも大挙して押しかけるんじゃないでしょうか。

 
10252073_616402258455857_5455890043348846418_n.jpg
別のフライヤー。


 
■LAKABASH       
10255689_440165672787618_2664422471930893635_n.jpg
今月24日、25日、LAKAWON島で開催のイベント。カディス市まで行き、船に乗ります。なんでも音楽あり、マリンアクティビティありで楽しそうなイベント。
Tickets at P550 (pre-sale) and P800 (walk in)
You can get your tickets at Akasya Grill, 17st, Bacolod City. from 4pm to 11pm only.
Tickets are limited, hurry get yours now!!!


前売り550ペソ、当日800ペソ。チケットはお早めにとのことです。



■RESET  5月31日at Baywalk
10351257_710132369028538_7898323529553232431_n (1).jpg

踊りたい人 入場料 前売り250 当日350
そうじゃない人  100ペソ




■Wild Water Weekend   6
月7日 at Hi Residences
h

10177946_616402218455861_8133772665995548314_n.jpg
バコロドの高級住宅街にある、プールつきのコンドミニアムで開催。映画でよくある、若いお金持ちがプールを囲っていいドリンク飲み、音楽に合わせてセクシーな女性がクネクネ。そして、よくわからない(さほど重要でない)ぽっと出の黒人が半裸で白ジャケットを羽織り登場→難癖つけてくるも、主人公がクール対応でぐぬぬな展開をイメージ。というわけでドレスコードは半裸+白ジャケットです。もちろん冗談ですけど。

 
入場料300ペソ(前売り200ペソ) フリービール VIP800ペソ(前売り500ペソ)飲み放題

ドレスコード 濡れてもいいもの。


全イベントに共通して言えるんじゃないでしょうか、濡れてもいい服。SUMMER SMASHに関してはパウダーペイント+水なので洗濯しても落ちないでしょうから、捨ててもいい服を来て行きましょう。そして怪我のないように。週末の楽しみとして、またバコロドの街の紹介も兼ねてイベント告知しました。来月は泥パックペイント祭りもあるので、また詳細がでたら告知します。





 
ホテルと学院の一体型施設。スピーキング特化ならココ!!バコロドE-ROOM 現地スタッフブログ

http://www.philippine-r.com/eroom01.htm


英語漬けの毎日へ フィリピン留学ドットコム

http://www.philippine-r.com/

EROOMオフィシャルfacebookページ

http://www.facebook.com/ERoomLanguageCenter
 
posted by: 日本人スタッフ | フィリピンでの生活 | 10:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
【小ネタ】 ”フィリピン”のスペルが落とし穴満載
国名フィリピンのスペル結構間違えます。特に意識しないで書くとうっかり間違えます。学校に荷物が届くことも多い中、住所欄を見ると結構間違えていますね。でも届く、それでいいかもしれませんが、せっかくなので覚えましょう。


まず、ありがちなミスから

1)philippines 

2)Philippine  

3)Philipines  

4)philip  




上から間違い探し、1)頭文字が大文字でない、2)sが足りない、3)pが足りない、4)やる気が足りない。もっと頑張ろう。

 

正解は the Philippines 


theもいるトラップ。



上記3ケースのエラーが多いんじゃないでしょうか。

firipin と書く方もいましたが、これは割りと真面目にこれからもっともっとの学習努力が求められることでしょう。


bananaって書けば通じませんか?と衝撃的なことを言った生徒さんもいました。通じると思うところが逆にすごいよ!ゴリラでも首をかしげるよ!



正式国名フィリピン共和国 the Republic of the Philippines


文字色バナナっぽくしたら見づらくなった。


ちなみに、

形容詞にあたる、フィリピン人の〜、フィリピン(群島)の〜は、Philippine

例、フィリピン諸島 the Philippine Islands 


フィリピン人はFilipino これはphじゃないので注意!




なんでppをふたつ重ねる必要があるのでしょう?なぜfiじゃダメなんでしょう?なんでsが必要でしょう?そもそもこの国、なんでフィリピンというんでしょう。そんなこと考えていたら、自分が本当に今フィリピンにいるのかどうかよくわからなくなってきました。鏡に向かいフィリピン、フィリピン、フィリピン、、、とつぶやき続けるとゲシュタルト崩壊起こしそうで怖いです。とりあえずバナナ食べて落ち着きます笑



ちなみになぜppをふたつ重ねるのか、最後sが必要なのか、授業で教えてもらいましょうー。歴史についてちょっとお勉強できます。






ホテルと学院の一体型施設。スピーキング特化ならココ!!バコロドE-ROOM 現地スタッフブログ


http://www.philippine-r.com/eroom01.htm


英語漬けの毎日へ フィリピン留学ドットコム

http://www.philippine-r.com/

EROOMオフィシャルfacebookページ

http://www.facebook.com/ERoomLanguageCenter



 
posted by: 日本人スタッフ | フィリピンでの生活 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |