Search
Category
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
バコロドシライ空港

空港はバコロドの隣の隣の町、シライシティにあります。EroomのあるLuxur Place Hotelからは車で約30分から40分というところです。


空港の前にはヤシの木が並んでいて、フィリピンに来たー(°▽°)という気持ちになりますね!



空港に到着した後、私たちEroomスタッフが待機しているので、出口を出て右側に来てください。
このカードを持って立っています!
前に私が生徒として空港に到着したときには、こういうのがなかったので、あれ?ないの?って思ってしまったんですけど、ついに作ってもらいました!! これで安心、心強い味方です!

飛行機が遅れてしまう場合もありますが迎えのスタッフが空港で待機しているので安心してくださいね(^^)

ちなみに最近Eroom専属の車も黒のニッサンのバンに変わりました!これがなかなかクールです。その車でホテルまで向かいます!



空港には一応小さいカフェもあります。日本に帰るときなどそこで時間を潰すのもいいでしょう…



土曜日と日曜日に到着された場合は月曜にオリエンテーションが行われ、火曜日から授業が始まります。
ホテルに到着後は長旅の疲れもあると思いますのでゆっくり休んでください(^^)
posted by: フィリピン留学ドットコム | 到着後〜授業開始まで | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Eroom 初日!
通常、学生バコロドイルム/日曜日到着するので、
週末ぐっすり休んで月曜日Eroom生活初日のスケジュール開始します


10:00 Lever テスト(筆記)

11:00 書類の記入(VISAやSSP等)

12:00 お昼ご飯

13:00 Lever テスト(speaking Interview)

14:00 買い物(近くのモールで日用品の買い出し、お金の両替)

16:00 教科書配布、費用のお支払、 オリエンテーション( 学校説明)





自習室の修理この間終わったので、机の非常に白く綺麗ですね試験よくているようです



ここでは、英語のニックネーム使用するので、来る前素敵な名前で考えておけばいいですね



1時間の間熱心にします.
英語
全く話さなくても大丈夫です.eroom先生たちと一緒に一生懸命勉強すれば実力がどんどん伸びます.



フィリピンで勉強するための様々な書類を作成します.

書類の作成完了したら、昼食を食べて、
1pm から 先生と
11のインタビューをします、もちろん英語です


インタビュー終え,2時頃イルムマネージャーと一緒に近くのショッピングモールに行きます
複数の書類関連の写真撮って



両替もします.




日用品買っ学校戻ると、4時くらいになります



費用のお支払終え受けてスケジュール確認します.
イルム
規定バコロド生活に関するオリエンテーション最後一日のスケジュール終了します.

 
posted by: フィリピン留学ドットコム | 到着後〜授業開始まで | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
オリエンテーションのスケジュール

こんにちは。
今日はこちらに到着してからの流れを紹介します^^

基本的に皆さん土日もしくは月曜の早朝に到着されます。
オリエンテーションは月曜日に行われ、授業は火曜日からに
なるので土日に到着された方は特に何もすることがありません。(笑)
ゆっくりと休んで下さい。

月曜日に行われるオリエンテーションの流れです。

10:00 筆記テスト

11:00 必要書類への記入(VISAやSSP等)

12:00 お昼ご飯

13:00 スピーキングテスト(一人5分程度です)

14:00 買い物(近くのモールで日用品の買い出し、お金の両替などを行います。)

16:00 教科書配布、VISA,SSP等の費用のお支払、施設や注意事項の説明。
     *この際の支払いは事前にお伝えしてあると思いますが現金(ペソ)のみです。

参考までに初日に支払って頂く費用はSSP,VISA延長費用,デポジット,I-CARD,教科書代です。
滞在期間や授業数などにより差はありますが大体11,000~17,000ペソ前後です。
なので支払いに必要なお金、またご自身で必要なお金を踏まえての両替をしてください。
このオリエンテーションの際にパスポートをこちらで受取り、
イミグレーションに一度提出してしまうので
少し多めにお金を両替しておくことをお勧めします。

なんの問題もなければ17:00頃にオリエンテーションは終了です。

この日受けたテストによって割りふられた授業を
次の日から受けてもらう形になります。

授業のレベル、内容や時間などについては後日自分に合わせて
変更可能なのでご心配なさらず。

Ayaka
 
posted by: 日本人スタッフ | 到着後〜授業開始まで | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【新入生必読】送迎について。あいさつは日本語でOKです。【ようこそバコロド】
Hikkyです。今回は送迎について。イメージつかめてくれたらと思います。


DSC_0662.jpg



バコロド空港は非常に小さいですので、迷子になるといった心配がありません。ここで迷うようなことがあったら東京駅から一生地上に上がれないだろうなって思います。

DSC_0664.jpg
Arrivalゲートを出て、右を見たら柵があります。空港を背にして、右!と強調しなくてもすぐにわかります。


そのなかに生徒さんの名前を記載したホワイトボードを持って待っています。

DSC_0668.jpg

DSC_0670.jpg
DSC_0672.jpg

こんな感じに待っています。緊張の初対面ですね。って、ぼくが緊張してどうする!!


たまに英語で挨拶してくれる方がいますが、日本語でOKですよ!

生徒さん『ないすとぅーみーちゅー』


Hikky『あ、こんにちは。』


の、温度差。



生徒さん『あ、すみません、英語で言わなきゃいけないのかと思って。留学だから気分高まってしまって、つい。』




空港に到着してからフィリピン留学がはじまってる!かもしれませんが、説明などあるので日本語で対応しますね。





DSC_0675.jpg
奥にはコーヒーショップがあり、飛行機が遅延した場合にはここでまったりと待たせていただいています。基本飛行機到着時刻前にはぼくは待っていますよ。



DSC_0680.jpg
バンに乗り込み移動です。空港から寮までは40分くらいかかります。

DSC_0681.jpg
明るい時間の到着でしたら、こういった景色を楽しめます。
DSC_0682.jpg

DSC_0684.jpg
DSC_0681.jpg
ちょっとわかりずらいですが、サトウキビ畑です。バコロドでは砂糖作りが有名。このサトウキビ畑を将来ゴルフ場にするのがぼくの夢です。


DSC_0687.jpg
しばらくのどかな風景が続き、バコロドで留学生活本当にやっていけるのかと不安になるかと思いますが、街の中心に近づくとちゃんとした(?)建物があります。


DSC_0690.jpg
ショッピングモール前を通ります。みんな大好きロビンソンモール。

DSC_0796.jpg
公園。デートスポット。

DSC_0804.jpg
寮に到着です。LUXUR PLACE HOTEL

DSC_0805.jpg
エントランスをくぐり、お部屋に案内します。





__________________________


あと、たまに到着予定日に空港に到着できない方がいます。飛行機のトラブル。飛ばない、トランジット失敗など。LCCにたまに見られますが。そのときは代理店に連絡するか、ぼくのフィリピン携帯に連絡くださると助かります。番号は代理店がすでに教えているはずです!公衆電話からもかけられますよ。





初のフィリピン留学、何かと不安が多いと思います。ましてや初海外の方も結構います。留学についての不安、海外での生活についての不安を和らげるのもぼくの仕事だと考えています。



出発前日、留学ブルーになる方もいるみたいです。出発日に愛犬を抱きかかえ泣きながら『やっぱ行きだぐなあ〜いい』と。出発に近づくと期待より不安が大きくなるのは、ぼんやりして見えたフィリピン留学がよりクリアに見えてくるので、現実的な部分を余計に考えないといけなくなるからですし。


ぼくなんて留学する前の週は実家の近くの河原に昼間から行っては荒井由実の曲を聴きながら意味もなく小石を投げてはおセンチな気分に浸っていたものです。やっぱ留学やめようかな〜って。来てみてホント良かったですけど。



バコロド空港から寮までは40分くらいありますので、聞きたいことありましたら聞いてくださいね!ぼくは基本人とおしゃべりするのが好きなので、新入生からの質問歓迎です!もちろん、到着後は疲れてると思うので、車内で寝ても大丈夫ですよ。





基本ぼくHikkyが送迎を担当しますが、あまりにも送迎回数が多く手が回らない場合、韓国人マネージャーが担当してくれます。




ホテルと学院の一体型施設。スピーキング特化ならココ!!バコロドE-ROOM 現地スタッフブログ  



http://www.philippine-r.com/eroom01.htm



英語漬けの毎日へ フィリピン留学ドットコム 



http://www.philippine-r.com/




posted by: 日本人スタッフ | 到着後〜授業開始まで | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
【新入生必読!!】初日オリエンテーション日について。【EROOM】
2月、3月は多くの日本人生徒さんが来ます。ということで、その方々に向けた情報を中心にこれから送っていきます。EROOM必須のアイテムなど、送迎について、心構えなど。今回は初日のオリエンテーションについて。


基本生徒さんは土日にここバコロドへ到着することになっています。


学校のオフィスが開くのが月曜日なので、土日は特にすることがありません。

のんびり学校で過ごしていただいてもいいですし、さっそく仲良くなった日本人韓国人と食事や買い物にでかけるのもいいですね。早めに先輩たちと仲良くなるのが鍵ですね。問われるコミュ力。身につく国際力。先輩たちも先人としての智慧を授けたいとうずうずして待っていると思います。


ぼくもそんな先輩たちを早めに紹介できるようにしていますよ。


オリエンテーションは月曜日、授業開始が火曜日です。

10:00 テスト(文法、リーディング)

11:00 SSPフォームなど必要書類に記載

12:00 お昼ごはん

13:00 インタビュー(スピーキング試験)

14:00 買い物(近くのモールで日用品、お金のExchange)

16:00 学院・寮規則の説明。学校施設説明。教科書配布。SSPなどの必要費用のお支払い。



皆様の協力とオフィスが混乱していなければ、17時には終わります。


初日は何かと忙しいですね。


■朝いきなりテスト開始です。全くできなくても嘆かないでくださいね。できないからこそ、フィリピン留学に来てるわけですから!『これがおれの実力だああああ!!!』といわんばかりに白紙で提出する強者さんもいます。うっかり屋はそのうえ、名前すら書き忘れます。お茶目っすね。当たり前ですが、筆記用具持参。シャーペンもってきてください。筆記用具はこちらでも買えますが、品数が少ないうえに質もあまりよくないので日本から持ってくるのがいいでしょう。


■SSPフォームなどの記入。たくさん書かなればならない用紙もあり、ましてや英語で書くので、結構時間かかります。パスポートと顔写真3枚が必要となるので忘れないでくださいね。この顔写真を忘れる方が多いです。代理店からもらう資料を熟読してください。


■インタビュー(スピーキング試験)。5分くらい話します。自己紹介から…込み入ったことまで。全く話せなくても心配いりません!そのためのフィリピン留学(2回目)!午前中に行われるペーパーテストの結果を基準にし、このスピーキング試験で生徒さんのレベルが決められます。



■買い物はスケジュールの都合上、1時間くらいしかとれないので必要なものだけ買ってください。

例えば、

トイレットペーパー、
コップ(学校にウォーターサーバーがありますが、食堂以外にコップはありません。)、
シャンプー、
ボディソープ、
ハンガー
虫除け
タオル(寮はホテルということで、タオルくらいあるだろう…ありません!)


など。本屋でバコロドの地図を買ってもいいんじゃないですかね。


日用品は一階のコンビニでも買えますが、スーパーなどに比べると割高です。


買い物ついでにフィリピンのショッピングモールはどんなんなのかを見て回ってください。いつも行くガイサノモールはバコロド3大モールの中で一番規模が小さいです。日用品なら揃っています。学校からの歩いていけるという理由だけで生徒さんに愛されています。


そして、このExchangeレートはよくありません。正直かなり悪いです。参考までに10000円で3910ペソ(2013/01/25現在)。ここまでどうやったら悪くできるんだ?と問い詰めたくなるくらい悪いっす。何を目指してるんでしょうか?フィリピン最低レート店を目指してるんでしょうか。そのレートの悪さを見学するためだけでも行く価値はあると思います。…いや、ないか。


原則、学院の事情でそこしか行けません。むしろ空港のほうがレートいいです(2013/01/25現在)。


初日に生活費を合わせて人によっては20000〜30000ペソExchangeするので差額が結構変わってきます。なので、事前に他のモールや空港などでExchangeすることをオススメします。このことについては送迎のときにも説明します。



買い物から帰ってきたら教科書の配布があります。ペーパーテスト、インタビューの結果に応じてレベルが分かれます。6冊分ドサッと配布されます。スケジュール表も配布されます。このスケジュール表は途中で先生を変更しないかぎり、卒業するまでこのスケジュールのままです。


■SSP、Iカード、VISA延長費用、デポジット、テキスト代のお支払い。


SSPとは学生VISAの一種。フィリピンで合法的に勉強するために必要です。6000ペソ。


ACR-Iカードとは外国人登録証。3000ペソ。他校からEROOMに入学する際には必ず持ってきてください。一度作ったこのIカードがあれば、3000ペソ払わないで済みます。ぼくは持って来てなかったので再度払いました!


VISA延長費用。21日までは無料ですが、それ以降滞在の場合はVISAの延長が必要となります。1回目3030ペソ。シーズンによって追加のお金がかかります。


デポジット3000ペソ。電気代として受け取らせていただきます。留学最終日に余った場合お返しします。


テキスト代 約2000ペソです。


この初日にかかる費用については各留学エージェントからすでに知らされているはずです。知らなかった、覚えていない!という方も結構いました。おさらいしましょう。


SSP+Iカード+(VISA延長費用)+デポジット+テキスト代=一ヶ月〜滞在の方はまず14000〜17000ペソ前後初回でかかります(2013年1月25日現在)。



生活費ももちろん必要なので多めに両替することをオススメします。両替にはパスポートが必要で、イミグレーションにパスポートを送った際すぐに戻ってくるわけではないので、返却までにお時間いただきます。つまりしばらく両替はできないということです。


もちろんプラスマーク付きの国際キャッシュカードをお持ちの人は引き落としが学校のあるホテルで簡単にできます。









ホテルと学院の一体型施設。スピーキング特化ならココ!!バコロドE-ROOM 現地スタッフブログ



http://www.philippine-r.com/eroom01.htm



英語漬けの毎日へ フィリピン留学ドットコム



http://www.philippine-r.com/




posted by: 日本人スタッフ | 到着後〜授業開始まで | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
入学日について!
みなさんこんにちは




週の始まり月曜日、新たに頑張っていきましょう!






さて、e-roomでは新しい生徒さんが毎週のように入ってきます。






まず、新入生は到着したら飛行機の時間帯にもよりますが






到着日の翌日に、レベルテスト、面接、オリエンテーションをうけます





そして、その翌日から授業がスタートします。





e-roomでは入学日は、基本的に毎日OKです。





例えば


到着:月曜日→レベルテスト:火曜日→授業スタート:
水曜日

到着:日曜日→レベルテスト:月曜日→授業スタート:
火曜日

到着:金曜日→レベルテスト:月曜日→授業スタート:
火曜日
(土日は学校が休みです)


などです。






来る人もいれば、帰る人もいます。





ほぼ、毎週e-roomを卒業する人がいます





なので、送別会は毎週のように行われてます





韓国の学生さんはフィリピン留学を終えると、





オーストラリアやカナダに留学やワーキングホリデーで渡る人が多いです




僕がオーストラリア滞在時、出会った韓国人の





英語レベルは日本人学生より明らかに上でした





フィリピンでしっかり基礎を学んでいるため、





特に文法力、ボキャブラリー力が高い、





何といっても、外国人へ対して英語を使用する恐怖心





少ないように思えました。





英語上達には、初めにこの日本人特有の問題をいかに克服する





かが大事だと思います





フィリピンでのマンツーマンレッスンはそれを解消できます。





僕の経験上、英語圏への留学、ワーキングホリデー、海外生活を




考えてる方、で特に英語学習者初心者の方には、その国に行く前




にフィリピンで勉強することをおススメします


 ̄儻譴隆霑辰身につく

海外生活への慣れ

3姐饋佑惘儻譴鮖藩僂垢覿寡歐瓦なくなる。



基礎があるかないかでは、海外生活の交流範囲が大きく変わって




きます。



ぜひ、海外生活を考えてるかたはまずは、フィリピンで英語を学ん




でみてください




posted by: taku | 到着後〜授業開始まで | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |